黄色いニキビ

黄色いニキビとは、白いニキビと赤いニキビが悪化した状態のニキビです。
ニキビが炎症を起こして赤くなり、これがさらに進み、膿となっている症状です。

あごや頬、髪の毛の生え際にできやすいニキビです。
黄色いニキビが悪化して化膿し、膿疱がたくさんできているニキビの末期の状態です。

黄色いニキビは炎症している状態である為、触ると痛いです。
黄色いニキビは、炎症の範囲も大きく、膿が出て目立ちます。また、ニキビの治療でニキビが治った場合でも、ニキビ跡が残る場合が多いのが黄色いニキビの特徴です。

さらに悪化して化膿がひどい黄色いニキビの場合には、皮膚科での治療が必要です。
この状態にまでくると、ニキビの炎症が毛穴だけでなく、周囲の皮膚組織にも影響し、ニキビが増え続ける傾向にあります。

皮膚の皮下組織や真皮にも炎症のダメージがあり、多くの場合ニキビ跡の色素沈着やクレーターとして残ってしまいます。
ですから、この状態になったニキビを自分で潰してしまうと、クレーターのような跡として残る場合が多いので、絶対に触ってはいけません。

黄色いニキビは、赤いニキビの状態の時に何もせずに放置した結果そうなります。
黄色いニキビを作らないためには赤いニキビの時点で薬を塗ったり、皮膚科にて治療をする必要があります。

黄色いニキビの末期症状にもなると市販の薬や洗顔で何とかできるレベルではありません。
すぐに皮膚科を受診する事をお勧めします。

黄色いニキビの場合には、痛みだけでなくかゆみがある場合もあり、寝ている間に無意識にかいて悪化することがあります。
ですから黄色いニキビを発見したらこれ以上悪化しないように、1日でも早く皮膚科で治療を受ける必要があります。

治療法としては、軟膏などの外用薬や、抗生物質やホルモン剤などの内服薬の服用が基本となります。

関連ページ