赤いニキビ

赤ニキビは白いニキビが炎症して赤くなった状態のものをいいます。
これは、ニキビ菌をはじめとした細菌が毛穴の中で増えて、皮膚が炎症を起こしている状態です。

この状態を放置していると、周囲に炎症が広がり、毛穴の深いところを損傷する恐れがあります。
白いニキビの症状の軽いものであれば、ニキビ用の軟膏などの塗り薬を塗れば自分でも治す事ができます。

ですが、赤いニキビのように炎症にまで発展していると、飲み薬による治療も必要になってきています。
また、治療中は、食生活にも注意する必要があります。

ニキビ治療中にバランスの悪い食事を摂っているとニキビが悪化します。
洗顔の際は、ニキビに刺激を加えないように優しく洗うようにします。

また、髪の毛が触れる程度の刺激でもニキビを悪化させることがあります。
日頃から髪の毛が顔の肌や、ニキビにあたらないように束ねたり、ピンで留める事を意識していた方が良いと思います。

赤いニキビというものは皮膚が炎症している状態のため、痛みを伴うことがよくあります。
できればこの時期は、メイクも控えることがよいでしょう。
化粧をすると、炎症が悪化する可能性があるためです。

どうしてもメイクが必要なら、ファンデーションはパウダータイプのものを使い、リキッドファンデーションは避けましょう。

赤いニキビというものは、白いニキビや黒いニキビのように短期間での完治は難しいニキビです。
ニキビの治療をメインに、スキンケアと正しい日常生活に改め、様子を見ながら治していく事になるでしょう。

日頃から肌を清潔な状態にすることがニキビケアの基本ですから、外から帰宅したらクレンジングで化粧を落とし、洗顔でクレンジングの残りをしっかり洗い流す事も大切です。

さらに十分な睡眠をとり、お肌のターンオーバーが正常に行われているかを意識することです。
そうすることで、ニキビのない肌に近づける事ができるのです。

関連ページ