ニキビを刺激しないこと

ニキビはそれぞれの原因に応じてケアする必要があります。
その原因の1つに、髪の毛によるものがあります。

髪の毛でニキビを隠す女性ニキビができてしまうとよくやってしまうのが髪の毛でニキビを隠すことです。
特におでこにできたニキビは、目立つので、前髪で隠す人が多い傾向にあります。

普段から髪の毛をおろしている時間が長いと、髪の毛がおでこやあごのラインに当たってニキビができます。

しかし、ニキビケアにおいては、前髪でニキビを隠してはいけないというのが基本です。
ニキビを前髪で隠す場合、空気の出入りが悪く、ニキビができやすい肌環境になってしまいます。
すでにできてしまっているニキビも改善が遅れ、悪化しやすくなります。

また、毛先がニキビに触れると、皮膚を刺激して角質も固くなり、皮脂の分泌が増加して毛穴が詰まってしまいます。
さらに、髪の毛についている汚れや整髪料がニキビに触れ、ニキビを悪化してしまいます。

可能な限り、ニキビ予防としては前髪を上げ、ニキビができやすい部分には髪の毛が触れないようにすることが重要です。
ニキビケアにとって、肌を新鮮な空気に露出する事が大切です。

しかし、それにもかかわらず、できてしまうので忍耐が必要です。そして、ニキビ跡にだけはならないように気をつけましょう。

おでこにできたニキビなど、目立つ部分のニキビはどうしても髪の毛で隠したいものです。
そういった場合、家の中では髪の毛を束ねるなりして髪の毛がニキビに触れないようにしましょう。

もちろん、寝ている間はおでこを出した状態にしましょう。
理想的には1日中触れない状態がベストですが、それが難しい場合は半日でもよいので髪の毛を上げておきましょう。

また、夏の暑い日は汗で前髪がおでこに張り付く場合ががあります。
汗などもそのままにしておくと雑菌の原因となり、ニキビに良くありません。

ニキビ跡になったら目立ちますし、治りにくいので、ニキビができたら皮脂をコントロールするために入念に洗顔してみましょう。

しかし、過剰に洗いすぎるのも良くありません。必要な皮脂まで取り除いてしまうからです。
洗顔によって余分な皮脂を取り除いた後には、保湿の為の水分を補うようにしましょう。

関連ページ