ニキビはつぶさないこと

顔にニキビができると、最も目につく場所なので、本当に憂鬱な気分になります。

ニキビができてしまうと、女性はメイクでカバーもできますが、ニキビができている場合、メイクはなるべく避けましょう。ニキビが治らない原因の一つに、ファンデーションを塗ってしまうことも挙げられます。

また、ニキビができてしまうと、すぐにつぶしてしまう人もいます。
ニキビをつぶすと治りやすいと勘違いしている人も多いようです。

顔にニキビができると、どうしても気になってしまいますが、治るまで触れないようにすることが基本です。

ニキビが治らないのは、自分でニキビに触れてしまう人が多いと言われています。
自分の指でニキビをつぶしたり、触ったりしたら、その手にはさなざまな細菌が付着していることを認識してますか?

不衛生な環境で、ニキビをつぶすことはニキビを悪化させるのは当然で、治りも遅くなります。

もしどうしてもニキビをつぶしたいのなら、皮膚科に行って膿の除去をすることをお勧めします。

ニキビを自分でつぶしてしまうとクレーター状のニキビ跡となって残ることがあります。
クレーター状のニキビ跡を治療するのは容易ではないので、安全な方法でニキビを治療することが重要です。

また、大人のニキビは、十代の皮脂およびホルモンバランスが原因で起こるニキビとは種類が異なります。
大人のニキビは、なかなか治りにくいのが特徴で、原因はストレスや悩み、栄養バランス、睡眠不足、生活習慣の乱れなどがあります。

仕事の疲労など、ストレスが蓄積されるたびに、同じ場所にニキビができるという方も多く、ダイエットをする度にニキビができてしまう方もいます。

大人のニキビは、子供とは異なり、体の内部からケアすることが必要です。
なかなか、大人ニキビが治らない人は、ストレスを解消する方法を見つけたり、リラックスした時間をつくる事をお勧めします。

また、無理なダイエットは止め、栄養バランスのとれた食事をするなど、生活習慣を見直すことがニキビケアにとって最善の近道です。

関連ページ