アロマオイルでニキビケア

ニキビ跡は、シミとなって色素沈着したり、凹凸したクレーター状になり、メイクもままならない程に悩みの種だと思います。

10代の頃にできる思春期ニキビは、ホルモンの分泌が盛んな時期に皮脂が多く分泌されて毛穴に皮脂が詰まって炎症してしまい、ニキビになる傾向ががあります。

そのニキビに対し、適切な対応をしなかった為、ニキビ跡になってしまうことが多いため、ニキビができてしまう前に予防しておけば、ニキビができたとしても軽度で済むはずです。

はじめに、ニキビ予防に重要なことは皮膚を清潔にすることが基本です。
洗顔はしっかり行い、汗をかいたら放っておかずに拭き取るか、可能であれば、水で洗い流す事ができれば理想的です。

アロマオイルのイメージまた、できたニキビケアには、アロマなどのアロマオイルに効果があり、ラベンダー、ティートゥリーなどのオイルには殺菌作用があると知られています。

そのニキビケアの方法としては、アロマオイルを薄めずに、綿棒などにつけて、チョンチョンと、ニキビにつけます。
その際ニキビ以外の肌にはつけないようにしましょう。
また、アロマオイルを使用する場合には、直接肌につけてはいけないものもあるので、取扱いには十分注意します。

これを数日続ければ、ニキビの炎症が治まってきます。

また、スチームバスは、毛穴が開きやすくなり、皮脂が取れやすくなるのでお勧めです。
熱いお湯を洗面器に張って、ティートリーを2、3滴入れ、その湯気を顔にあてます。
その際、タオルを頭にかけて洗面器ごと覆うようにすれば効果的なので、ぜひお試しください。

関連ページ