思春期ニキビに効く食べ物(栄養素)

日頃から果物を食べていると、便秘の解消にもなり、更にはニキビの改善にも効果があります。

そして果物に含まれている成分である「ビタミン」もニキビの改善に効果があることが知られています。
ニキビだけでなく、体や肌の調子を整ええてくれるので、ビタミンは不可欠なものです。
果物に多く含まれるビタミンCは肌に悪影響を及ぼす活性酸素を抑える抗酸化作用があり、肌を保護する働きがあります。

便秘に悩む女性のイメージビタミンCを摂取する事により、活性酸素によるお肌の酸化を防ぐ事ができます。
肌にやさしいビタミンは、ビタミンC、ビタミンB2とB6があります。

ビタミンB2には、皮膚細胞を再生する力があります。
また、ニキビの原因である皮脂の分泌を抑制する機能があります。

ビタミンB6にはタンパク質の分解・合成を助け、皮膚や粘膜の健康維持に効果があり、ホルモンバランスを整える作用もあるので、女性にとってぜひとも摂りたいビタミンの一つです。

こういったビタミン群を積極的に摂取して、ニキビケアに役立てましょう。
摂取の仕方については、もちろん果物を食べることがよいですが、その他、次のような食品を食べると良いでしょう。

ビタミンCを摂取するためには果物以外にも、緑黄色野菜、赤ピーマン、じゃがいもなどが良いです。
ビタミンB2を摂取するためには、うなぎ、卵、チーズ、納豆、レバー、ヨーグルト、アーモンドなどが良いです。
ビタミンB6摂取するには、さんま、マグロやサバなどの魚、卵、ニンニク、ゴマ、ピーナッツ、バナナなどが良いです。

体内でビタミンが欠乏すると、皮脂の分泌が過剰になります。
ビタミンの欠乏は体調にも影響を与えますし、肌の調子も悪くなってニキビができやすくなります。

体調を始め、ニキビケアとしてビタミンは意識的に摂取するようにしましょう。
一番は、食事からの摂取が理想的ですが、忙しくてなかな食事からの摂取では足りないようでしたら、市販のサプリメントを活用しましょう。忙しい時でもすぐに摂取できますので大変便利です。

関連ページ