便秘を解消してみる

直接的に、ニキビの治療法にはなりませんが、便秘を解消すれば、ニキビの治療効果をもたらすかもしれません。

腸に便が蓄積すれば、腸内の悪玉菌が優勢になり、有害物質が発生します。それが便として排出されず、腸の中に蓄積した有害物質は、腸管から血管に入り、血液によって全身を巡ります。
そして、皮膚から有害物質が排出されるときに、ニキビが発生してしまいます。

便秘に悩む女性のイメージ胃腸が不調の場合のニキビは、アゴや口の周囲にできやすくなります。便秘は、ニキビだけでなく、肌や体全体の調子を崩してしまいます。

便秘を解消する方法としては、規則的な生活をすることです。
1日の食事を3食きちんと摂る事はもちろん、自分の体に必要な量を食べることが大切です。

しかし、3食を食べたとしても、食事の量が少なすぎては、体にとって十分な量が足りなければ正常に排泄されないのです。
便秘の解消には、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維を多く含む食事が効果的です。食物繊維を多く摂取するには、野菜、海藻、果物、豆類などを積極的に食べるといいでしょう。

また、水分をたくさん飲むと腸の働きが活発になって排泄されやすくなります。
よく、「朝起きたら冷たい水を飲めば良い」と言われるのはこのためです。

寝ている腸を覚醒させる為に水分は良い働きをし、水分をたくさん摂ると便秘も解消され、肌もきれいになります。

また、ヨーグルトの乳酸菌を含む食品も、便秘解消に効果があると知られていますが、実際には乳酸菌はなかなか腸まで生きては届きません。ですが、死んでしまった善玉菌の体をつくっている成分にも効果が期待できるので、神経質にこだわる必要はありません。

最近は、生きたままの乳酸菌が腸内に届くというキャッチの乳酸菌のヨーグルトなどがあるので、そのようなものを選ぶのがいいと思います。

また、蜂蜜やオリゴ糖が入っている食品を積極的に食べると、体内の乳酸菌を増やす事がでができるので、このような点に注意して食生活を見直してみましょう。

関連ページ