生活習慣を改善する

食事や睡眠をはじめとする生活習慣の改善は、ニキビケアのみならず、他の病気やダイエットにおいても基本的な事です。

食事の注意点

ニキビの原因の1つが食生活です。最初はなるべく薬に依存しないニキビケアをしましょう。
まず、ニキビの原因となるのは皮脂です。
つまり、皮脂の分泌を促すような食品を避ける必要があります。

和食のイメージ食事は油っこいものは避けましょう。
動物性脂肪の多く含む食品は皮脂を多く分泌させてしまいます。
動物性脂肪を多く含む食品の代表は肉です。皮脂が気になる場合は、肉より魚を多く摂る事をお勧めします。

また、ご飯やパンなどの炭水化物も消化後には皮脂の材料になります。
主食であるお米を食べない訳にはいきませんが、量を減らすようにします。

そして甘いものもニキビの原因となりますので避けるべきでしょう。
チョコレートは、糖質や脂質を多く含むので、ニキビができやすい食品の一つです。

特に思春期の年頃は、おやつとしてスナック菓子を好んで食べますが、スナック類は油分が多いのでニキビに良くありません。

ですから、おやつはお母さんが注意して油を使っていないおやつを与えるべきでしょう。

また、どうしても夜食が要るというなら、なるべく油分が少ないものを!
例えば、お粥やうどんなど、消化の良いものを与えましょう。

油を使っていないノンフライのお菓子

ポテのんトマトサラダ味【コイケヤ】
ソイカラ【大塚製薬】
おこげキッチン【LOTTE】
ノンフライ塩チーズスナック【無印良品】
おっとっと【森永製菓】
コメッコ【江崎グリコ】
ポテロングしお味【森永製菓】
ベジじゃが・うましお味【東ハト】

こんな感じですが、探せば他にもたくさんあると思います。

また、ニキビ予防に効果のある食品もあります。
それは皮脂の分泌量の調節に関わるビタミンB2やビタミンB6を含む食品です。
例えば、ビタミンB2はレバーと納豆、のりやチーズ、ビタミンB6は、肉や魚のほかににんにくやピーナツ、きな粉などに多く含まれています。

ただ、これらのビタミンを取ることが難しい場合は、サプリメントを使用してニキビを予防しましょう。
すぐに効果はでませんが、皮脂の分泌を抑えるビタミンB2やB6はニキビケアにはお勧めのビタミンです。

皮脂の分泌を刺激する食品の摂りすぎはよくありませんが、全く摂らないのもよくないので、適度にとるようにします。
ニキビケアとして、食事の管理は大切ですが、偏った食事をしてしまうと、逆に肌が荒れたり、ニキビができやすくなります。

睡眠不足に注意!

睡眠不足の女性のイメージ他に、睡眠も大切で、睡眠時間が不足していると寝ている間の新陳代謝が十分に行われず、肌の再生が上手くいかないので、ニキビの治りも遅くなってしまいます。

他に、ニキビの原因として、食品以外に、睡眠不足もニキビの原因となることがあります。
睡眠をとっている間に新陳代謝が活発になりますが、十分な睡眠をしていないと肌荒れやニキビの原因となります。

肌が回復するのは、基本的に、肌の再生が活発になる夜10時~深夜2時までです。
この時間に寝ていると、肌を再生してくれるのです。
ニキビを改善するには、この時間の睡眠は重要になってきます。

睡眠不足だとなぜニキビがでやすくなるのでしょうか。
睡眠不足になると皮脂がたまりやすく、毛穴を詰まらせる原因になり、ニキビができやすい環境をつくってしまうのです。

「昨日は睡眠不足だったから、今日は多く寝よう」という考えも間違いです。
どんなに一度に多く寝たとしても回復力には限界があり、そう単純なものではありません。
こういった睡眠だとなかなか肌は修復されません。

寝る時間と起きる時間を毎日同じにする習慣が重要です。ニキビケアには規則正しい生活が必要です。
特に肌の再生が活発になる時間に寝ていることが理想的です。

そうはいっても、受験を控えているお子さんの場合、そうも言ってられないのが現実です。
塾に通っていたりする場合は、帰宅後に、夕食やお風呂となる場合が多いので、どうしても寝る時間が遅くなる傾向にあります。

どちらを優先するかって話になると当然受験の方が優先されると思いますが、夕飯の時間を早めたりするなどの工夫で、勉強の開始時間を1時間早めれば、1時間多く睡眠時間を増やすことができます。この問題に関しては各家庭のライフスタイルによって色々な都合があると思いますので、無理しない程度に工夫して時間の捻出をしてみてはいかがでしょうか?

また、睡眠不足にならなければニキビがすぐに治るとか、ニキビができないわけではありません。
ニキビができやすくなる肌にならないようにする為と、ニキビの進行を防ぐという考えです。

ニキビは、「青春のシンボル」かつては言われていましたがニキビは思春期に多く見られる肌トラブルの代表です。

思春期ニキビは思春期の一時的なもので、時期が過ぎれば自然に治ります。
ですが、その時期にキチンとしたケアをしないと、跡になってしまう可能性があることも事実です。

普段のスキンケアと規則的な生活を心がけ、正しい洗顔と精神的なストレスがたまらないよう、普段から何でも話し合えるような親子関係を築いておく必要もありますね。

ニキビケアの基本は洗顔

関連ページ