レーザー治療

今、ニキビの治療法として注目されているのがレーザー治療です。
レーザー治療は、健康保険対象外のニキビ治療法です。

レーザー治療はニキビ治療以外にも広く使用されていますから身近に感じる人も多いのではないでしょうか。
レーザー治療は、様々な波長のレーザーを照射してニキビを治療する方法です。

レーザー治療として聞かれるのがニキビ跡の治療ですが、すでにできてしまっているニキビ治療も可能です。
治癒が難しいニキビでもレーザー治療での治療が可能です
特に赤ニキビや膿がたまっているニキビに対して効果的な治療法として知られています。

レーザー治療を行うにあたり、問診やカウンセリングにてニキビの状態や肌質をチェックします。

その後、実際の治療に入る前に皮質をチェックし、大丈夫だと判断されたら、レーザーを当てる部位に冷却ジェルを塗布します。これは、レーザーによって肌に負担が掛からないようにする為です。その後、テスト照射を行って実際の治療へ移行します。

レーザー治療の際は目を保護するためにアイマスクをします。
また、レーザー治療の原理としては、毛穴の内部にレーザーを照射し、毛穴をふさいでいる膿、脂質を分解して除去します。
わかりやすく言えば、毛穴から汚れを取り除いて、毛穴のつまりのない肌にする治療法です。

最近ではレーザー治療にも色々な種類があり、肌に負担がないものも出てきており、最新の機器程、痛みやダメージもありません。

また、レーザーの種類によっては、ニキビの治療だけでなく、ニキビのできにくい肌にしてくれます。
しかし、レーザー治療にはさまざまな種類があり、場合によってはお肌を痛めてしまうものもああり、色素沈着、毛細血管拡張等の副作用もあります。

そして、レーザー治療は健康保険の対象外の治療であるため、費用は実費で1回、1万円前後かかるので、気軽にできる治療ではありませんね。

ただ、ニキビ菌の殺菌効果もあり、ニキビの再発防止にも使用されます。
レーザー治療はレーザーを照射するだけで角質を除去しますから、ピーリングのような直接的な刺激のない治療方法です。

健康保険が使いないのがネックですが、悪い点があまりない為、非常にお勧めできる治療方法です。

関連ページ