フラクセルレーザー治療

ニキビは、上手く完治したとしても、治療後のニキビ跡に悩んでいる人もたくさんいます。

ニキビの治療以外にも治療後のニキビ跡の治療についても触れてみたいと思います。
ニキビ跡の治療には「フラクセル2」というレーザーがよく使われています。

フラクショナルレーザーの一種で、ニキビ跡になっている皮膚にレーザーを照射して、皮膚の再生能力を活かして再構築していこうというものです。

フラクセル2は、ニキビ跡だけでなく、加齢による肌のダメージも再生することができ、従来の治療では難しいとされる凸凹したニキビ跡も治療することができます。

また、フラクセルの最大のメリットとして皮膚の真皮層働きかけ、皮膚の再生に必要なコラーゲンを生成することができるので、肌のハリや小じわを改善し、弾力性のある美しい肌を作ることができます。

●フラクセル2の治療に適しているタイプ
・凸凹したニキビ跡がある人。
・毛穴の開きが気になる人。
・肌のハリやしわが気になる人。
・さらに、出産後の妊娠線や、二の腕にあるブツブツした湿疹などにも有効です。

ニキビ跡の治療に重要なポイントは、レーザ光が皮膚の中まで、どの程度浸透するかによって決まります。
そのため、レーザーは、悪い影響がない範囲内でパワーのあるものが治療効果が期待できます。

もちろん、安全な範囲内で、経験豊富な専門の医師に施術をしてもらった場合に限られます。

また、フラクセル2はそれだけで終わるのではなく、その後のケアが重要になります。
医師の指示に従って自宅でのケアを行うことにより、治療効果がさらに高まります。

保湿を行なうのはもちろんの事、レーザーを照射したカ所は肌が敏感になっていますので、外出時には必ず紫外線対策を行なうようにしましょう。

関連ページ