ブルーライトによる治療

ニキビの治療は様々な方法が開発されていますが、光を利用した治療方法があります。

その、光を利用した新しいニキビ治療法にブルーライトを用いた方法があります。
これはどういった方法かと言いますと、紫外線を除去した特殊な光を照射してニキビを治療する方法です。

特別な光が皮膚にあたって毛穴から入り、ニキビ菌にダメージを与えることができます。
この治療は皮膚科にて受ける事ができます。最初に医師の問診があり、肌やニキビ状態を確認します。

次に、ブルーライトにて光を照射していきます。
ニキビ菌が出すコプロポルフィリンという物質と反応し、皮膚にはダメージを与えることなくニキビ菌だけを殺菌することができます。

ブルーライトの光は照射する場所によって時間が異なります。
顔の場合ですと約15分間照射します。
顔以外のカ所にも照射できますが、この場合は、照射時間が変わってきます。

その後、ケミカルピーリングを併用することによりブルーライトの効果が高まります。
何故なら、ブルーライトだけでは完全な効果を得ることができません。

また、光を長時間、肌に照射する事による安全性に不安を感じる人もいると思いますが、これは紫外線を取り除いた光である為、安全性も高く痛みもありません。

ブルーライトは、1回の治療ではあまり効果を感じることはできません。
ニキビの程度によりますが、10回以上ブルーライトを施し、ケミカルピーリングを繰り返していけば効果を実感できると思います。

また、この治療法は炎症を起こしていない白ニキビには効果がなく、痛みがある黄ニキビと赤ニキビなどの炎症を起こしているニキビにのみ効果があります。

ニキビの治療で、重度のニキビの場合、抗生剤を長期間にわたって薬を継続しなければならない場合もありますが、このブルーライトを施せば抗生剤を減らす事ができます。

ブルーライトの治療にかかる費用は、顔の場合で約1回3,000~10,000円円程度かかります。
治療の際はメイクや日焼け止めを塗っていると治療効果が落ちますので塗らずに来院しましよう。
また、光線過敏症のある方はこの治療はできません。

関連ページ