紫外線による影響

紫外線は真夏に限らず、日常生活の中で、私たちの肌に悪影響を与えます。
日焼けによるしわ、そばかすなどの色素沈着や皮膚癌の原因の1つでもあると言われていますが、紫外線はしみやそばかすだけでなく、ニキビの原因でもあります。

適度の紫外線は殺菌効果やニキビ予防になるとも言われていますが、やはり紫外線を浴びてしまうと肌はダメージを受けてしまいます。

SPF15の日焼け止めニキビは、毛穴の皮脂や古い角質によってふさがれ、そこに皮脂が詰まってできますが、それには活性酸素も影響しています。
ニキビは、体の内側と外側からの活性酸素によって発症し、悪化するといわれます。

そして紫外線も活性酸素の元になるため、ニキビが紫外線を受けた場合に、炎症を起こした赤ニキビになる場合もあります。

ニキビの炎症を起こしているニキビ菌は、紫外線を感知して増殖する性質を持っており、さらにポルフィリンと呼ばれる毒素も生成するため、ニキビを悪化させてしまいます。

まず、ニキビケアの一環として、紫外線を防止する必要があります。
ですから、ニキビができやすい肌には特に日焼け止めなどのケア商品が必要です。

最も簡単で、誰もが行うことができる対策は、日焼け止めを塗ることです。
日焼け止めを塗るのと塗らないのでは、後々大きな違いが現われてきます。

しかし、日焼け止めも正しく選ばれないと逆にニキビの原因となるので注意が必要です。
日焼け止めなどに含まれている油分が毛穴を詰まらせ、ニキビができやすくなります。

日焼け止めの紫外線吸収剤が肌に負担をかけることがあります。
一般に、SPF値が高いタイプは油分が多く含まれる傾向があるので、SPF15~20程度で、オイルフリーのタイプを選択することによって、ニキビの悪化を抑えられます。

最近では、紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めも販売されています。
購入する際は、紫外線吸収剤の入っていないものを選んでみるのも良いでしょう。

また、ニキビができている肌へ日焼け止めを塗る場合、前述のオイルフリーか、SPF値の低いものを選びましょう。
そして、ニキビの悪化を防ぐためにもニキビにはなるべく塗らないほうがよいでしょう。

紫外線対策はニキビケアには欠かせませんが、適切な製品を選ばないと、逆にニキビを悪化させてしまいます。

紫外線といえば、夏に強く降りそそいでいるイメージが強いですが、冬のスキー場は、夏の海水浴場と同等の紫外線があります。
紫外線は年間を通じて浴びていますので、夏だけではなく年間を通してケアしましょう。

関連ページ