睡眠不足によるもの

ニキビや吹き出物などの肌トラブルは、ストレスなどからくる睡眠不足も原因の一つです。

ニキビを悪化させてしまうと痕になり、治療も困難になるため、ニキビができた場合には、適切に対応してニキビを防止することが重要です。

一般的に、10代の若者や大人の睡眠不足とでは、そのストレスに大きな違いがあり、大人になるとストレスに起因する身体への負担も増えていくのです。

睡眠不足の女性のイメージ睡眠を調節するホルモンの一つにメラトニンという物質があります。
幼少期には体内にメラトニンが十分にあったので、不眠症になるというケースが比較的に少ないと言えます。

しかし、歳を重ねるごとに、徐々に体内のメラトニンの量が減少して睡眠が浅くなり、不眠症になってしまうと考えられています。

十分に睡眠をとらないとキレイな肌はつくれません。
ですが、眠る度に安定剤や睡眠導入剤に頼ってしまうと、逆に肌にもよくないのでニキビができて、結果として悪化させてしまってニキビ跡が残っていまうという結果になるのです。

その為には、どのように睡眠をとればよいでしょうか?

やはり、キレイなお肌の為には質の良い睡眠が大切です。
ストレスを軽減させるためにアロマセラピーを試したり、軽い運動やストレッチでストレスを解消し、質の良い睡眠がとれるように試してみましょう。

関連ページ