食べ物による影響

ニキビができないようにするには、毛穴が詰まらないように肌を清潔に保つ、そしてニキビができにくい体質を維持することです。
ニキビができやすい体質を改善するには、食事と生活リズムをはじめとした生活習慣を改善していく必要があります。

規則正しい食事のイメージ食事については、糖分を減らすようにします。
糖分はその分解のために多くのビタミンB群が必要です。

ビタミンB群は皮脂を分解するために必要なビタミンで、糖の分解で不足してしまうと、皮脂が分解されずに残ってしまい、オイリー肌になり、ニキビができやすくなります。

糖分より油分を気にして油を控えた食事をする人もいますが、食事で摂取する油分はニキビに影響を与えることはほとんどないといわれます。

ただし、それぞれ体質も異なるので、「これを食べたらニキビがえきるな~」と自分で感じたら控えることをお勧めします。

次に、水分をダイエットや美容のためといって1日に2、3リットルも飲む人がいますが、飲み過ぎは良くありません。

排出できなかった分はむくみとなって体に残ってしまいます。
むくみは見た目以外にも、免疫力の低下にもつながります。

ニキビは、ニキビ菌による疾患であるため、免疫力が低下するとニキビにも影響します。

また、サプリメントは食事でバランスよく栄養が摂りにくい場合は、利用をお勧めします。
ニキビ対策としては「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンC」、抗酸化作用とエネルギー供給のための「ビタミン E」「コエンザイムQ10」なども大切な栄養素です。

関連ページ