ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスのイメージニキビは、できてしまうとなかなか治らない厄介な皮膚疾患の一つです。

ニキビがあるとすぐに皮膚科を受診する方もいますが、皮膚科で薬を処方してもらってもすぐに改善されるものではなく、治療にはある程度時間がかかるものです。

皮膚科の外用薬だけでニキビは治るものではなく、体の内部からもケアしなければ、いつまでたってもニキビは治りません。

多くの人々がニキビで悩んでいる中、ニキビ専用の商品も様々なタイプが開発され、高価なケア用品が発売されています。

また、皮膚科や美容外科ではニキビのためのレーザー治療やピーリングなど、様々な施術が行われている程、ニキビに悩む人が多いということです。

なぜ、ニキビは治りにくいのでしょうか?
ニキビの原因は様々すが、関係が深いものの一つにホルモンがあります。

テストステロンおよび副腎アンドロゲンなどのホルモンはニキビとは密接な関係があり、ホルモンによって皮脂の分泌がコントロールされているからです。

ホルモンによる皮脂の分泌が直接の原因ですが、ニキビが治りにくい原因として肌の乾燥や肌に合わない化粧品もあります。

また、食事の栄養バランスや睡眠不足など、体の代謝を下げる原因となることも、ニキビができる原因になります。

生活習慣を見直さないまま、ケアをしてもニキビが治らないのは、ニキビの根本的な原因を理解していないためです。

高いニキビケア用品を使用しても、睡眠不足やストレス、栄養バランスなど、生活習慣を改めない場合、ニキビの根治は難しいでしょう。

ニキビの原因の一つにホルモンが原因になっているのは確かですが、ホルモンの分泌は、人間が生きていくために重要なことです。

ホルモンバランスは自分でコントロールすることはできませんので、生活習慣などを見直して改善していくしかないでしょう。

例えば、ストレスがたまれば、ホルモンバランスが乱れます。
ストレスは気持ちで感じる問題だけでなく、体がストレスを感じていればホルモンバランスにも影響するのです。

自分ではストレスを感じていなくても、病院に行くと、過度のストレスを抱えている場合もあるのです。

自分を取り巻くストレスについて正しく理解し、それを改善するために努力することをお勧めします。

関連ページ