アクネ菌とは

ニキビには、いくつかの種類がありますが、その症状もさまざまです。
なかでも赤く炎症し、痛みを伴ってきたものは「赤ニキビ」と呼ばれます。
この炎症にかかわっているのがアクネ菌です。

アクネ菌のイメージアクネ菌は毛根を覆う毛包内に常に存在する常在細菌の一種です。

アクネ菌はもともと存在するものです。ニキビが治ってもまたできてしまうのはこのような理由からです。

アクネ菌は不潔な環境だとどんどん増えていきます。
しかし、清潔にしていてもニキビができることがあります。それはなぜでしょう。アクネ菌は、皮脂が過剰になったり、不衛生になる事で発生するものではありません。

アクネ菌は嫌気性細菌といって、酸素があると生きていけない性質のため、毛穴が角栓や皮脂によってふさがれ、酸素が減少すると成長を開始します。

毛穴の中で皮脂を栄養として繁殖し、数が増加していきます。
アクネ菌がリパーゼという酵素を出し、この酵素は皮脂を遊離脂肪酸という悪い皮脂に変えます。

これらの酵素や悪い皮脂のよって毛包が刺激され、赤く炎症したり化膿を引き起こし、周囲の組織が破壊されるのです。それが、クレーターと言われる凸凹したニキビ跡になるのです

角栓ができないようにしたり、毛穴を防がないことがアクネ菌の繁殖を抑制できますが、赤く炎症を起こした段階までくると、自分で治すのは困難です。

無理にニキビをつぶして治そうとすると、クレーターになったり、シミのような黒いニキビ跡になる場合があります。

ニキビは、治っても再発するので注意しましょう。ですから日頃のケアが重要になります。
ニキビ対策商品「アクネ菌を撃退」などと言うフレーズの商品がありますが、アクネ菌が死滅して完全に無くなるわけではありません。

アクネ菌は皮脂をエサにして繁殖しますから、肌から皮脂が分泌される限り、アクネ菌は存在するのです。

つまり、皮脂は肌にとって欠かせないものです。
アクネ菌を増やさない為には皮脂の分泌を活発化させないように上手に付き合っていくことです。

それには、ホルモンのバランスが乱れないように、生活習慣を整えること、そして食事を改善することです。

皮膚の凹凸や色素沈着などのようなニキビ跡の修復は難しいので、早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

関連ページ